Photobucket
████████預設████████
【內容介紹】

在黑道家族的老大勞侖斯.列奧那裡在心腹和親信的注視下入土為安後,其黑道勢力卻沒有因此而減退。勞侖斯的兒子克雷斯比其父更心恨手辣,一上台,就給老臣子來了一個下馬威,並對城市裡的大家族進行了挑釁。引發了多次恐怖事件........
也正應為如此,克雷雅很快就在黑道中站住了腳,並且開始了對外擴張,火並了許多黑道企業,勢力越來越大,終於開始逐漸對白道中的「都市安全局」下手了.......

而 在白道方面,專門調查犯罪事件並防範於未然的「都市安全管理局」一直讓克雷斯很不爽,而機器人JAY更是讓他欲除之而後快。不過「都市安全局的特工大助也 非泛泛之輩,其和JAY合作與克雷斯進行鬥爭。大助等人在克雷雅發動恐怖活動後立刻對其展開調查。為防止恐怖案件發生率提高,「都市安全局」派出間諜潛入 黑社會。翌日,在黑社會情報得到後,安全局便派出了大助以及助手JAY對其展開鬥爭,使克雷雅連受阻礙,欲將二人先除之.....
但是由於童年的 陰影(父親應為機器人暴亂而生亡,對於這一點,使大助憎恨機器人),大助對他的助手似乎總有著一種說不出的感覺,總不能完全的信任JAY,看來二人之間的 裂痕可能會漸漸產生。面對危機重重的場面,他們究竟能不能經得起考驗,看來還是一個未知數,而兩人卻在最後的危機關頭......

(全集一共25集,都是非常精彩的,將男人與男人之間的感情描寫的非常出色,
尤其是大助對機器人的感情,也許這就是這部作品的優點吧,還望大家細細觀賞,你會發現一些不一樣的東西的)

【cast】
原作:赤根和樹 SATELIGHT
監督 系列構成:赤根和樹
角色設定:結城信輝
機械設定:竹古隆之
美術監督:古宮陽子
動畫製作:SATELIGHT
████████預設████████
基 本上相當中規中矩,中途以後男主角的哥哥為了報父親枉死的仇,飾演越前開始慢慢掌握整個都市的全部。最後幾集爆發的結果下,和主角打對枱。而看著這樣老哥 成長的男主角,慶幸地沒有被仇恨蒙蔽了眼睛,不止沒殺了吸血鬼在最後還設法令自己的老哥悔改。和他的機器人夥伴一樣相當瀟灑。

HEATGUYJ11
這部看完讓我眼睛流汗的是肯( 藤原啓治)和艾莉莎(田中敦子)的那回
把一個過於認真工作卻自卑的警察和他前女人的故事描述得很漂亮。
分手的原因雖是因為工作而疏離了愛人,但在聽到艾莉莎的電話總會很積急地去傾聽。
當艾莉莎的夥伴利用艾莉莎的立體投影做壞事的事件結束後,二人分離的場景很感人。
艾莉莎最後向肯說以後不用接她的電話也可以、還問他是否過得幸福
二人互道幸福實際上二人都只是想安慰對方。
J在遠處說這也是男人的生活方式!

遺 憾地是最後還隨便塞一個酒鬼女人給肯,有點無言。感覺這就是副角的命,以前看一部日劇時效特警時,裡頭有集那位搞笑警察和酒店老闆娘的故事就相當地悲傷, 一集裡頭相識相戀後卻在主角提示她犯罪的情形下在離法律追訴期不到一小時的狀況下逮捕她,配樂聽了有多悲傷就有多悲傷。但接下來編劇還是又讓他變丑角了, 好像這集的事沒發生過囧。

████████預設████████
---
以前找到的J語錄
看這部動畫時總覺得J說話很有型,毆都摳的浪漫 :$

第01話 「街 -GUY-」

男がいつまでも地面に這いつくばるものではない。
・流民が連れてきたマシンに吹き飛ばれたダイスケを背後にかばいながら一言。
○男の休息はほの暗い闇に意識を浮遊させることに……正確には瞑想という。
・次回予告:食事の必要がないジェイが「バッテリーの充電ぐらいしといた方がいいんじゃない?」とダイスケに言われて。


第02話 「炎 -WAR-」

○男が容姿について安易に語るものではない。
・外装がすべて剥げたので補修に行くといったジェイに「そのままでも男前だぜ、ジェイ」と誉めたダイスケに対して一言。
○男が限界を意識したとき敗北が待ち受ける。

・次回予告:「毎度の事だけど疲れるよな、ジェイ」とぼやいたダイスケに対して一言。
○今日という日を全力で生きる事が男だ。

・次回予告:ジェイの叱咤に「頑張ってみるよ、明日からね」と返したダイスケに対して一言。


第03話 「噂 -BOMB-」

○男は我が身を安易に気遣うことを潔しとしない。
・ダイスケをかばって左手を痛めたジェイを診たアントニアに「あなたの怪我が心配だわ」と言われて一言。
○男は最後まで諦めてはいけない。

・爆弾解体に失敗したダイスケをかばって回収されたジェイからの言伝。
○雨上がりの街は男の慕情を誘う。

・次回予告:「雨があがったな」とダイスケに対して一言。
○男には愛すべき者が存在しなければならない。そして、その者を守るために戦わなければならない。

・次回予告:「誰かに恋しているのかよ」とダイスケに対して一言。


第04話 「獣 -CHAOS-」

○天空に輝く星の光は未来を照らす過去の遺産だ。
・次回予告:「ジェイ、星が出てるぜ」といったダイスケに対して一言。
○男が感傷に浸りすぎるのは危険だ。常に現実を受け入れなければならない。

・次回予告:「今見てるあの光は大昔の星の輝きってやつだ」といったダイスケに対して一言。


第05話 「童 -DOLL-」

○黄昏時、男は追憶に耽る。しかし……
・次回予告:「空がオレンジ色に光ってるぜ」といったダイスケに対して一言。
○男は未来を切り開くために存在する。

・次回予告:「過去に囚われ過ぎると未来を見失うっていうんだろ」とダイスケに返されて。


第06話 「欲 -MONEY-」

○男は言い訳をしないものだ。
・怒られて「成り行き上こうなっちゃったの」といったダイスケにエジムンドが「言い訳は後で聞く」というのを聞いて一言。
○男が空を見上げるとき、希望の予感を感じている。

・次回予告:「ジェイ、雲が飛んでくぜ」といったダイスケに対して一言。
○本心を安易に明かさないのは男の美学だ。

・次回予告:「俺はうつむいて歩くのは性に合わないだけさ」といったダイスケに対して一言。


第07話 「仇 -CIRCULATION-」

○いかなるときも男は戦いにおいて敵から目を逸らしてはならない。
・2話で出てきた獣人に逆恨みされて襲われたとき、大事なペンダントを飛ばされてそれに気を取られたダイスケに対して。
○不可抗力だが、男なら潔く誤りを認めなければならない……すまないダイスケ。

・ダイスケが落としたペンダントを蹴飛ばして排水溝に落としてしまったジェイの一言。
○あの老人……男のオーラを感じる。

・闇医者の老人とダイスケの会話を聞いて一言。
○風は時として彼方から呼びかけを伝える。

・次回予告:「ジェイ、何か聞こえなかったか」といったダイスケに対して一言。
○既成概念に捕らわれる男は新たな道を踏み出せない。

・次回予告:「俺はオカルトなんて信じないぜ」といったダイスケに対して一言。


第08話 「響 -BROTHER-」

○男は感謝の言葉を期待してはならない。
・ゴロツキから助けたキアが礼も言わずに立ち去ったのに「礼のひとつもなしかよ」といったダイスケに対して一言。
○いい腕をしている。綺麗な仕上げだ。男の仕事だな。

・工場主が削った銃口を見て一言。
○感情の高揚は男の新たな挑戦を生み出す糧となる。

・次回予告:「ジェイ、ちょっと気分がいいぜ」といったダイスケに対して一言。
○男なら心に秘める思いが必ずある。

・次回予告:「俺は面倒は嫌いだぜ」といったダイスケに対して一言。
○男は無用の詮索をしてはならない。

・次回予告:「お前に分かるのかい?俺の思いってやつが」といったダイスケに対して一言。


第09話 「絆 -TRUST-」

○悪しき生活環境は児童の心の発達の障害となりうる。
・モニカの生活環境を心配したダイスケに対して一言。
○男は女の愛を利用してはならない。

・ダイスケが殴り倒した女たらし(戸籍偽造業者)に対して一言。
○女は軽はずみに男に近づいてはならない。

・口説かれて結果的に誘拐された女性達に対して一言。
○男は感謝の言葉を求めてはならない。言葉だけが感謝のしるしとは限らない。

「結局俺が悪者?ありがとうの一言もなし?」と事件を解決したのに張り倒されたダイスケに対して一言。
○日が昇るとき、男は新たな決意を抱く。

・次回予告:「ジェイ、もうすぐ夜が明けちまうぜ」といったダイスケに対して一言。
○男の休息は新たな戦いのための序曲だ。

・次回予告:「俺は早くベッドに潜り込みたいだけないんだけどね」といったダイスケに対して一言。


第10話 「弾 -GUNS-」

○男は不正を働くべきではない。
・些細なことで始末書を書いているジェイに「そんなんで始末書書いていたらあなたの相棒なんて年中机に向かってないといけないわ」といったキョウコに対して一言。
○男はいちいち細かいことを気にしない。

・キョウコに教えられてジェイがCクラスのシークレットの爆破予告をハッキングして入手するときの一言。
○男は街の喧騒の中においても自分を見失ってはならない。

・次回予告:「ジェイ、最近この街も騒がしくなってきたな」といったダイスケに対して一言。
○男は孤独を望むときあえて人ごみの中に身を置くことがある。

・次回予告:「人ごみの中を歩いてるのって案外面白いぜ」といったダイスケに対して一言。


第11話 「幻 -MIRAGE-」

○男は思い出に浸るものではない。
・次回予告:思い出し笑いをしたダイスケに対して一言。
○男は決して振り向かない。前だけを見つめて生きなければならない。

・次回予告:「昔を懐かしんじゃ駄目なのか?」といったダイスケに対して一言。


第12話 「光 -VISITOR-」

○男は目先の恐怖に怯んではならない。
・アンダーグラウンドに行ったとき、最短ルートで吹き抜けを飛び降りるのを怯んだダイスケに対して一言。
○男は結果よりもその過程で最善を尽くすことが重要である。

・最短ルートを行ったのに予定よりも遅れたジェイがした言い訳。
○男は非常時においても冷静さを忘れてはならない。

・次回予告:「ジェイ、そろそろやばくなってきたぜ」といったダイスケに対して一言。
○男はいかなる困難においても希望の光を探すことを忘れてはならない。好機は必ず訪れる。

・次回予告:「冷静ではいたいけど、手遅れになっちゃどうしようもないぜ」といったダイスケに対して一言。


第13話 「撃 -ENCOUNTER-」

○女が一人、深夜に出歩くものではない。
・次回予告:業務終了で帰ろうとしたダイスケに対してキョウコが「報告書出してからにしてください」といったのに対して一言。


第14話 「魂 -ARROW-」

○男はやるべきことを先延ばしにすべきではない。
・シュン(本部長)に命じられたが外陸に行くのを面倒がったダイスケに対して一言。
○男が徒党を組んで老人を襲うとは……恥ずべきことだ。

・サバービアの姫の両親の敵討ちにきた老人を返り討ちにしていたのに対して。
○慎ましい女は心美しい女だ。

・次回予告:出番の少ないと拗ねたあと「でも、作品が良くなるためなら私我慢するわ」といったキョウコに対して一言。


第15話 「華 -TARGET-」

○愛しているのだ、アイウエオ。
・次回予告:発声練習をしているジェイ。


第16話 「陸 -SURVIVAL-」

○男はくだらない意地を張るものではない。
・サバービアの里を目指してロッククライミングをしていたが無理して限界を超えたダイスケに対して一言。
○男は空腹だからといって苛立つものではない。

・サバービアの里で夜になったが頼んでも泊めてくれなかったダイスケに対して一言。
○男は未知なるものへの探求を忘れてはならない。

・次回予告:「ジェイ、街の外へ出るのもたまにはいいもんだな」といったダイスケに対して一言。
○冒険と無謀を混同してはならない。可能性のない冒険を無謀と呼ぶ。

・次回予告:「冒険なんてガキの言葉だぜ」といったダイスケに対して一言。
○男のお茶目はほどほどにしなければならない。

・次回予告:「ジェイ、久しぶりじゃない、まともだぜ」といったダイスケに対して一言。


第17話 「裂 -INDEPENDENCE-」

○男女が仲良く食事をすることをデートと呼ぶ。デート……ダイスケとキョウコは昼休みの時間を使ってデートに行った、記録しておこう。
・出張に行ったのにお土産を買ってこなかったダイスケの奢りで昼食に出かけた二人を見送って一言。
○男の過去には真実がひそんでいる。

・次回予告:うさぎうさぎと連呼しているボマに対して一言。


第18話 「心 -TRUTH-」

○男は人の心を弄んではならない。
・ボマを再洗脳しようとした獣使いを追い詰めて一言。
○キュートだ、ボーイ。

・次回予告:ダイスケに向かって一言。


第19話 「想 -FAKE-」

○男は己を偽ってはならない。
・自分の偽者に対峙して一言。
○男は緊張を楽しむものだ。

・次回予告:予告に初登場して緊張でカチカチになっているエジムンドに対して一言。
○男は時の流れに身を任せてはならない。

・次回予告:ダイスケ達の相手をしているうちに予告の時間がなくなったエジムンドに対して一言。


第20話 「友 -TEARS-」

○悲しみが深ければ深いほど、男の涙は乾くものだ。
・ロメオの葬式で涙一つ見せないエジムンドに「ロメオさんが生きていると思っているのかしら」と心配したキョウコに対して一言。
○男は悲しみに泣くものではない。やさしさに涙するものだ。

・ロメオの墓前で生前に送られた彼からの期日指定メールに涙するエジムンドを見て一言。


第21話 「島 -FORTRESS-」

○少女はもう少し可愛い台詞を使わなければならない。
・次回予告:「カネくれよ、カネ」といったモニカに対して一言。


第22話 「父 -PLAY-」

○男は一度口にした約束は守らねばならない。
・頼まれて一晩お父さんになると約束したモニカに「本当に?」と念を押されて一言。
○なぜ、お父さんと呼ばない?

・父親役を引き受けたあとでもまだおじさんと呼ぶモニカに対して一言。
○男が恐怖を感じるのは軟弱の印ではない。恐怖を乗り越えてこそ勝利を手にすることが出来る。

・次回予告:「血の臭いが俺の周りから離れない気がしてね」といったダイスケに対して一言。


第23話 「狂 -ALTERATION-」

○未来を予測することはできない。男は今を生きることに全力を尽くすべきだ。
・次回予告:「明日も無事に生き残れると思うかい?」といったダイスケに対して。
○明日には希望という光がある。その光を得るために今日を戦い抜かねばならない。

・次回予告:上に続けて。


第24話 「雪 -REVOLUTION-」

○男は別れを恐れてはならない。つらい別れは良き出会いの証でもあるのだから。
・次回予告:「おまえと出会えてよかったよ。さよならは言わないぜ」といったダイスケに対して。


第25話 「漢 -GUYS-」

○男は立ち止まってはならない。前進することにより勝機は訪れる。
・マシンに挟み撃ちにあったダイスケの前に現れて一言。
○男は決して相棒を見捨てたりしない。

・上記に続き。
○男には戦うべき男がいる。

・ダイスケをシュンの元へ行かせるために敵マシンの足止めをするときに一言。


ドラマCD 「語 -DRAMA-」

○男は中途半端に物事を他人に任せてはならない。
・TRACK01 始:事件を「さっさとエジムンドに連絡して任せちまうか」といったダイスケに対して一言。
○男は嘆くよりも行動しなければならない。

・TRACK04 悩:ゴミが街にあふれ返っていると愚痴をこぼすクレアに対する悩み相談の回答。
○男なら突き放すことも愛情だと知らねばならない。

・TRACK06 悩:どう接すればぼっちゃまがまっとうな道を歩めるかというマルロに対する悩み相談の回答。
○男は失ったものにいつまでも執着してはならない。

・TRACK08 友:拾ったエジムンドの財布の金をネコババしたダイスケを追いかけたエジムンドに対して一言。
○男は女の話を聞き流してはならない。

・TRACK09 悩:男が話を聞かないというキョウコに対する悩み相談(大元の相談とは違う)の回答。
○男は胸のうちを吐き出すことがたまには必要だ。

・TRACK24 悩:警察の仕事の愚痴をこぼすエジムンドに対する悩み相談の回答。
○男は自分を冷静に評価しなければならない。

・TRACK26 悩:弟の相談をしていたのにいつの間にか自画自賛しているシュンに対して一言。


DVD 付録 ジェイ語録のミニ色紙 情報提供:PHANTOM-SYSTEMさん

○新たな年を迎えて男が最初にすべきこと、それは今年も訪れる困難に対し、覚悟を決めることなのだ。
○男にも時には甘いチョコレートを口にしたくなる事があってもいい。
○男に卒業はない。 状況を乗り越えることに新たな試練を思い描き、それを打破する勇気を信じろ。
○男なら、入学を迎えて安易に喜びを表してはならない。 新たな出発は新たな挑戦でもあるのだ。
○男はクリスマスイブに一人だからといって世間を恨むものではない。
○男にとって誕生日とは、この世に生を受けた義務と責任を自覚し、両親に深く感謝すべき日だ。
○男が結婚を決断したとき、それは諦めではない。 新たなる旅立ちだと思え。


月刊マガジンZ(講談社) ヒートガイジェイ コミック原作:御祗島千秋 情報提供:PHANTOM-SYSTEMさん

○男は意見を口にするものではない。 行動で見せるものだ。
・OP用のショートストリーより
○男がたやすく痛みを言葉や表情に出すものではない。
・第1話でミーシャ(アンドロイド)の攻撃により骨折した左腕を痛がったダイスケに対してジェイのお言葉。
○ 男はいかなる状況下にあろうとも、友とか弱き者のために立ち上がらなければならない。
・戦闘終了後、クールダウンで動けないハズのジェイが新たなる敵の攻撃に危うくなったダイスケとモニカの為に強制的にクールダウンを中止して銃撃の前に立ちはだかるジェイの一言。


第EX話 「虜 -ANGEL-」 情報提供:PHANTOM-SYSTEMさん

○男はタフでなければならない。
・大破したにも関わらず僅か36時間で完全修復して、窮地のダイスケとキョウコを救うべく 現れ、ダイスケに「もう直ったのかよ」と云われて一言
○男は仕事の不満を人前で述べるものではない。
・ 次回予告(本来は14話終了時に、このEX話への予告):「ジェイ、相変わらず仕事がキツイなぁ、これじゃあギャラに見合わ無いぜ」といったダイスケに対して一言。

ddtclon 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()